歯 酸蝕症

酸蝕症についての基礎知識を紹介しています。

虫歯菌が歯を溶かしてしまうことがあるというのは知っている人がほとんどだと思います。だからと言って歯が溶けてしまうのが全て虫歯が原因かといったら答えはNOです。

 

普段の食生活が原因となって歯が溶けてしまうこともあります。
それが酸蝕症です。
通常歯の表面の白く見えているエナメル質というのはとても頑丈でちょっとやそっとじゃ穴を開けたり削ったりすることはできないのですが唯一の弱点として酸に弱いという特徴があります。

 

エナメル質は長時間酸にさらされた状態でいると脱灰という現象が起こり溶けてしまいます。

 

虫歯というのは餌を食べると酸を出すのでその酸で歯を溶かしたり穴を開けたりします。

 

しかし、細菌が酸を出さなくても普段の食生活によって口の中が酸性の状態になっていると
歯の表面が溶けてしまったり弱くなることがあるのですがこれを酸蝕症と言います。

 

この酸蝕症が起きるとエナメル質が溶けてしまうのでその溶けたエナメル質から
内部の象牙質の色が透けて歯が黄色く見えてしまう原因にもなります

 

酸蝕症の原因は「」ですから、基本的には酸っぱいものということになります。

 

基本的に普段の食事で酸性のものを摂取してもその後には溶けた歯を修復する
再石灰化という現象が起こっているので問題はありませんが、過度の摂取となると
再石灰化が間に合わなくなってしまい、歯が溶けてしまいます。

 

よくレモン汁で歯を磨くと歯が白くなるという方法が全くのデタラメだというのは
こういう酸蝕症になる可能性もあるからダメだということになります。

 

基本的には唾液分泌で再石灰化は促進されるので間食や就寝前に酸性の
食品を食べたりしないように注意していれば大きな問題にはならないでしょう。

歯が溶けてしまう酸蝕症とは?関連ページ

ステインとは?
歯の黄ばみの原因となるステインについて解説しています。
歯の黄ばみの原因は2種類あります
歯の黄ばみの原因について解説しています。
年齢を重ねると歯が黄ばむ?
フッ素による歯の変色について