歯 黄ばみ 原因

歯の黄ばみの原因は2種類あります

鏡の前で笑った時に見える自分の歯にあなたは自信を持つことができますか?
白くてキレイな歯に憧れを持っている人も多いでしょう。
しかし、現実にはとても白いとは言えないような歯の色になっている人もいると思います。
このような歯の黄ばみに悩んでいる人は意外と多いようです。

 

そこで少し歯の黄ばみの原因について少しだけ書きたいと思います。
歯の黄ばみの原因は大まかに2種類に分けることができます。

 

一つは歯に付着したステインによる着色汚れです。これは外部要因ですね。
ステインというのは少しずつ歯に付着していくのですぐにはわからないことが多いのですが、
時間が経つにつれて徐々に黄色い色を帯びてくるようになります。

 

このステインの元となるのが普段摂取している飲み物や食べ物、タバコのヤニなどです。
特にタバコのヤニが付いてしまうと黄色を通り越して茶色っぽい色になることもあります。
食べ物の成分でいうとポリフェノールを成分に含んでいるものは歯の黄ばみに
繋がりやすいと言われていますね。

 

ほとんどの人の歯の黄ばみの原因はこの着色汚れであることが多いです。
そして、この場合の歯の黄ばみというのは割と簡単に落とすことができます。

 

特に茶しぶ程度の歯の黄ばみであれば市販の歯磨き粉でも落とすことができることもあります。
それでも落ちない場合はホワイトニングジェルや美容ジェルを利用すれば
歯の本来の白さを取り戻すことはそんなに難しいことではありません。

 

もう一つの歯の黄ばみの原因はエナメル質の内側にある象牙質という組織の変色です。
この場合は内部要因です。

 

元々人間が生まれた時の象牙質というのは乳白色なのですが、
加齢によってこの象牙質の色がどんどん黄色い色を帯びてくることがあります。

 

これには個人差があるのですが子供の頃にフッ素を過剰摂取していたり、
もっと小さい頃にテトラサイクリンという抗生物質を使っているような場合には
より一層象牙質の黄ばみは濃くなってしまうことがあります。

 

この象牙質が原因で歯が黄ばんでしまっている場合は歯磨き粉で簡単に落とすと
いうのはちょっと難しくなります。

 

内部まで浸透するホワイトニングジェルを利用するか、美容歯科でホワイトニングを
受けたほうが歯が白くなる効果は期待できるでしょう。
歯の内部が原因だからと言って歯の黄ばみが落とせないということはありません。

 

大きく分けて2つ、内部と外部の問題が歯の黄ばみの原因となっているのです。

歯の黄ばみの原因は2種類あります関連ページ

ステインとは?
歯の黄ばみの原因となるステインについて解説しています。
年齢を重ねると歯が黄ばむ?
フッ素による歯の変色について
歯が溶けてしまう酸蝕症とは?