年齢を重ねると歯が黄ばむ

年齢を重ねると歯が黄ばむ?

さて、アメリカでは昔から身嗜みとして親しまれてきたホワイトニング。
真っ白な歯は健康の証でもあり、美の証でもあります。

 

だからこそ世界中の人達はデンタルケアやホワイトニングに力を注ぐのですけれども、
その風習は日本にはまだありませんよね。

 

インターネットの発達に伴い日本人にもそういう風習がようやく出てきましたけれども、まだまだ浸透していません。
日本人は歯に対する意識がまだまだ弱いのです。

 

ですから歯が汚くなってしまう原因も未だにわかっていない人もいるようです。
黄ばむ原因がわからなければいつまで経ってもきれいな歯を保つことは出来ません。

 

というわけで、歯が黄ばんでいってしまう原因の一つである年齢について目を向けてみましょう。
歯は年齢と共に黄ばんでいってしまう傾向があります。

 

歯にはそれぞれ細かい神経があるのですけれども、その神経が年齢と共に劣化していってしまうのです。
実は歯が黄ばんでいくのはこの神経の劣化が深く起因しており、
しかも象牙をエナメル質が包んでいるという構造が更にこの状況を悪くしてしまっているのです。

年齢を重ねると歯が黄ばむ?関連ページ

ステインとは?
歯の黄ばみの原因となるステインについて解説しています。
歯の黄ばみの原因は2種類あります
歯の黄ばみの原因について解説しています。
フッ素による歯の変色について
歯が溶けてしまう酸蝕症とは?