フッ素 歯の変色

フッ素による歯の変色について

最近歯の治療にも注目されているのはフッ素です。
これはどのように活躍するのかと言いますと、物体を平らにしてくれるからです。

 

例えば定規を思い出して下さい。
あれはどこからどう見ても平らに見えますし、プラスチックで出来ていれば側面もつるつるですよね。

 

けれどもこれは人間の目ではそう見えるというだけで、実際は平らではないのです。
ミクロレベルで見た場合あらゆる物体はでこぼこしているのです。

 

そしてこのでこぼこした部分に汚れが入り出すとなかなか取れなくなってしまうというのが厄介なところなのです。

 

これは歯でもまったく同じことが言えます。
そこで活躍するのがフッ素加工なのです。
フッ素を使用するとあらゆる物体は表面が平らになって汚れがつきにくくなります。

 

これによって虫歯防止作用があるのがフッ素の力なのです。
けれどもこのフッ素の力にも大きな問題が発生してしまうことが最近の研究でわかりました。
すべてのフッ素に該当するわけではありませんけれども、一部のフッ素は歯を変色させてしまうのです。

 

もしフッ素を使用して歯が変色してしまうようでしたら使用は控えた方がいいでしょう。

 

 

>>>歯の着色汚れを自宅で落とす方法はコチラ<<<

フッ素による歯の変色について関連ページ

ステインとは?
歯の黄ばみの原因となるステインについて解説しています。
歯の黄ばみの原因は2種類あります
歯の黄ばみの原因について解説しています。
年齢を重ねると歯が黄ばむ?
歯が溶けてしまう酸蝕症とは?