ステインとは

ステインとは?

歯の黄ばみの原因になることでも知られているステインとは何なのでしょうか?
ステインというのは歯の表面の汚れや着色のことを意味している言葉です。

 

一般的に日常生活で摂取している飲み物や食べ物などによって歯に付着する
汚れなのですが歯磨きなどの簡単なケアで落とすことができるものです。

 

しかし、ステインというのは食べたり飲んだりする度に少しずつ歯に
付着していくので歯磨きをする時間が開いてしまったりするのを忘れたりすると
どんどん積み重なっていってしまいます。

 

よく歯磨き粉のCMで言われているステインクリアというのはこのような
ステインを取り除いて白い歯にしましょうということなのです。

 

大事なことは
ステイン=歯の黄ばみの全て
というわけではないということです。

 

歯の黄ばみの原因にはテトラサイクリンによるものや歯科材料によるもの、
神経を抜いたり栄養が行き渡っていない、加齢による象牙質の変色などがあります。

 

確かに多くの人の黄ばみの原因になっているのはステインなのですが、
ステインクリアをしたからといってあなたの歯が確実に白くなるというわけではありません。

 

ステインクリアによって歯を白くするというのはあくまでも
本来持っている歯の白さを取り戻すという意味なのです。

 

ステインが付着してくると歯が黄ばんでくるわけなのですが、
それよりも早い段階でステインが付着していることもあります。

 

そういった時は歯の表面を見て判断するといいでしょう。
ステインの付着した歯をいうのは表面のツルツル感が無くなっていることが多いです。
もし自分の歯を鏡で見たり触ってみて、ツルツル感がなかったり少しザラついていると
いう時にはステインが付着している可能性は高いと思ったほうがいいでしょう。