ホワイトニング

ホワイトニングの豆知識

顔の印象に大きな影響を与えるといっても過言ではないのが歯です。
歯が汚れていたりするとそれだけでだらしない人のようなイメージを相手に持たれてしまいます。

 

 

最近では審美歯科や美容歯科以外でもサロンのような形で歯のホワイトニングができる
というところも増えています。

 

 

ホワイトニングにもいろいろな方法があります。
例えば歯の表面に付着しているヤニ汚れやステインなどを除去するのもホワイトニングですし、
神経を抜いてしまって茶色く変色した歯をセラミックのようなもので覆うのもホワイトニングです。

 

 

違いとしては歯の本来の白さを取り戻すのか人工的な白さなのかというところでしょうか。
実際に日本人の歯というのは元々ちょっと黄色がかっていると言われています。

 

 

なのでテレビに出ているタレントのように真っ白な歯というのはありえません。
なかなか透明感だったりを歯が持つ本来の白さで出すというのは難しいものです。

 

 

そのためそれが不自然に感じてしまう人もいるでしょう。
しかし、黄色い歯をしているよりかは不自然でも真っ白な歯のほうが印象はいいでしょう。

 

 

ヤニ汚れやステインによる歯の着色汚れというのはホワイトニングジェルなどを使えば
自宅で簡単に落とすことも可能ですが、神経を抜いてしまっていたり内部から変色を
しているという場合にはクリニックに通ってホワイトニング治療をしたほうがいいでしょう。

 

 

サロンのようなところでホワイトニングをするよりも、ちゃんとしたクリニックを選択したほうが
安全性も高いですし万が一の時の保証もしっかりとしているのでオススメです。

 

ホワイトニングの様々な方法について

ホワイトニングの方法はいくつかあります。
歯が黄ばんでしまう原因には歯の内部要因と外部要因の二つがありますが、
実際にホワイトニングと呼ばれている歯を白くする方法は歯の内部の着色を
科学的に分解することで明るさを上げて白くしていくという方法になります。

 

 

多くの人の歯の黄ばみの原因となる表面の着色汚れを落とすのはクリーニングに分類されます。
その他にも歯の表面を白く覆い隠すマスキングという方法もあります。

 

 

ホワイトニングというのは歯の内部の着色を落とすのでマスキングやマニキュアに
比べると自然な白さというのを取り戻すことができます。

 

 

しかし、ホワイトニングをしたからといって必ずしも歯が白くなるわけではありません。
神経を取り除いていたりして歯の変色があまりにも濃い場合や小さい頃の抗生物質が
原因で歯が黄ばんでいる場合にはホワイトニングで白くならないこともあります。

 

 

ホワイトニングには大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの
2種類の方法があります。

 

 

オフィスホワイトニングというのは審美歯科や美容歯科で行うものでホームホワイトニング
というのは歯医者などでマウスピースを作って自宅で行うホワイトニングになります。

 

 

ホワイトニングはクリーニングよりも費用がかかります。
ホワイトニングの料金はシステムや施術を行う本数によってかなり違いがあるのですが
最低でも2万円以上は必ずかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

これはオフィスホワイトニングの場合もホームホワイトニングの場合も同じです。
ただ全体の料金をみるとホームホワイトニングのほうが安く済む傾向があるようです。

 

 

このホワイトニングというのは割と最近に実用化された方法ですが、安全性は確立されています。
アメリカではほぼ全ての歯医者で行われているほどポピュラーな方法と言えるでしょう。