歯磨き粉 研磨剤

歯磨き粉の研磨剤で歯は削れるのか?

歯磨き粉を選ぶ際に気になることの一つと言えば研磨成分が入っているかということでしょう。
一般的に研磨剤成分が入っていると歯の表面を削ってくれるので汚れや黄ばみが落ちやすいという
一方で、エナメル質を削ることで虫歯リスクが高まってしまうと言われています。

 

 

確かに研磨成分が入っている歯磨き粉の場合、歯は削れてしまいます。
しかし、歯磨き粉に含まれている研磨剤の成分というのは掃除に使われるような
クレンザーみたいな強力な研磨作用はないと言われています。

 

 

さらにある程度歯が削られたとしても再石灰化によって元通りになると言われています。
なので歯磨き粉に含まれている研磨成分にそこまで過敏になる必要はないと言えるでしょう。

 

 

それでも歯が削れてしまうことに抵抗があって、でも歯の黄ばみを落としたいという人には
研磨成分を使っていない歯磨き粉とホワイトニングジェルを利用することをオススメします。

 

 

最近では歯の汚れを削るのではなく浮かせて落とす成分というものが注目されています。
削るわけではないので歯の健康を考えた上でも安全ですし、汚れを落とすパワーが強力なので
市販のホワイトニング歯磨き粉では落とせないようなヤニ汚れも落とすことができます。

 

 

そういったことを考えるなら歯磨き粉に含まれる研磨剤が気になるという場合には、
歯磨き粉とホワイトニングジェルを併用することによって問題は解決することができるでしょう。

 

 

実際に歯磨き粉に含まれている研磨剤程度で歯の健康が損なわれるということは考えにくいですが、
噂レベルの自宅でできる歯を白くする方法などで見る歯を削って汚れを落とす方法の場合は
本当に表面を削り取ってしまい虫歯リスクが高くなることも十分考えられるので注意しましょう。