正しい歯磨き

正しい歯磨きの知識について

世の中には噂レベルのものも含めると歯磨きに関する情報がたくさんあります。
当然正しいものもありますが中には逆効果になってしまうようなものもあります。

 

 

正しい歯磨きの方法と言っても例えば磨き方のような技術的なものからどのタイミングで
歯磨きをするのがいいのかといった知識的なものがあります。

 

 

今回ご紹介するのは技術的なことよりも知識的なものになるかと思います。
まず正しい歯磨きをするためには、歯磨きをする目的を考える必要があります。

 

 

歯を磨くのは歯に付着したプラーク(歯垢)を取り除くためです。
プラークというのは生きている細菌の塊のことで、虫歯や歯周病、着色汚れの原因になります。

 

 

水に溶けにくいという性質と粘着性があるのでうがいレベルで除去するのは難しいわけです。
そこで歯ブラシを使用して歯を磨くことでこのプラークを落とすというのが歯磨きの目的です。

 

 

まず歯磨きをするタイミングとして食後にするというのが重要になります。
なぜなら食事をした時にはプラークの中の細菌が酸を作り出し歯の表面は酸性の状態となります。

 

 

とても頑丈な性質をもつ歯の表面のエナメル質ですが、唯一の弱点がこの酸で、
歯の表面が酸性の状態になっているとミネラル分が溶けだしてしまい虫歯になりやすい状態となります。

 

 

何もしなければずっと酸性の状態なのかというとそういうわけではなく、
唾液の働きによって徐々に口の中の状態は元の中性の状態になるのですがそれには時間がかかります。

 

 

その間にも歯が酸によるダメージを受けてしまう可能性があるので食事をしたら歯を磨くというのが基本です。
また、寝る前というのも唾液の分泌が下がるのでプラーク中の細菌が繁殖しやすい状態となります。

 

 

そのため、寝る前に歯磨きをする時は普段の歯磨きよりも丁寧にするということを心がけましょう。